安心して電子商取引ができるようにしよう

特商法といえば消費者庁が安心して電子商取引をするようルールを定め、せどりや転売ビジネスをする前に確認する必要があります。
最近ではインターネットの普及とともに通販サイトなどで商品を仕入れ、ネットショップやオークションなどで売却を行う方法が増えていることが特徴です。

このため、お互いに安心して取引ができるようにする必要があり、特商法を設けて規制をしています。電子商取引は対面販売ではなく相手の顔が分からないため不正行為をしやすくなり、特商法ではルールを定めて違反をすると罰則を受けるようにしているため安心です。
通販サイトやネットショップで商品を仕入れるときは特商法による表記を義務付けているため、事前に確かめて利用するとトラブルが起きなく安心できます。

どのようなことが定められているのか

消費者庁は安心して電子商取引をするために特商法を定め、販売者の情報を詳しく明記したり誇大広告をしないようにしています。誇大広告は商品のメリットをアピールして興味をそそられるためにする傾向があり、実際に購入してだまされたということになり信用を失う要因です。

また、販売者の名前や住所、連絡先をきちんと明記する必要があり、住所は枝番まで表記し連絡先はメールアドレスや固定電話の番号をきちんと登録することが求められます。また、個人情報を扱うときは取引に限定し、外部にもれないようきちんと管理することが必要です。商品の内容を伝えるときは正確に記入し、信用を失うと自分に返って売れなくなると自覚する必要があります。

特商法は安心して取引を行うためのガイドラインになり、きちんと守ってトラブルが起きないようにすることが大事です。

信用を強化すると稼げるようになる

せどりや転売ビジネスを副業としてすると売り値と仕入れ値の差額で利益を出せますが、継続して稼ぐためにはリピーターを増やすことが求められます。
リピーターを増やすためには口コミや評判が良くないといけないため、特商法の内容をきちんと理解して取引を行うことが大事です。

電子商取引はスムーズに商品の仕入れや売却ができて便利ですが、不正行為をしやすくきちんとルールを守って行う必要があります。副業で稼ぐためには信用を第一に考え、正確な情報を伝えて相手のニーズに応えるようにすることが重要です。

特商法は消費者庁は安心して取引ができるように定めた基本的なルールになり、禁止されている内容を確かめしないように心がけないとチャンスを失うことになります。