安心して取引をするための基本ルール

最近ではインターネットの普及で電脳せどりが中心になり、わざわざ店舗に行って商品を仕入れて売る相手を探す手間を省けるようになりました。
このため、数をこなせて稼ぎやすくなりましたが、消費者トラブルが発生しやすいなど問題もあり防ぐためにルールが定められています。

そのルールが特商法であり消費者庁が必要事項や禁止事項を詳しく定め、違反をすると罰則を設けてチャンスロスになるため注意が必要です。
せどりや転売はお互いに信用できるようにする必要があり、虚偽の情報を伝えると違反になります。

取引をするときはいかに信用されるようにするか考え、トラブルが起きないよう責任を持ってしないと副業で稼げなくなるため注意が必要です。特定商取引法に基づく表記はあれば安心して取引先を選びやすく、リピーターを増やせるようにすると効果があります。

どのような内容なのか

特定商取引法に基づく表記は販売者の住所や電話番号、メールアドレスを明記し、トラブルが起きてもすぐに対応できるようにっする必要があります。また、販売した商品に問題があれば返品や交換をスムーズにできるよう利用者に紹介し、信用を失わないようにすることが大事です。

返品に関する取り扱い方はクーリング・オフに関するルールを確かめ、条件を定めて不正行為がないようにしないといけません。
また、代金の支払方法や期限なども明記し、現金だけでなくクレジットカードや電子マネーなど選択肢を増やせば利用しやすくなって効果的です。
しかし、後払いにするときは商品の状態を確かめてからできますが、利用者が払い忘れることがないようきちんと約束をする必要があります。

リピーターを増やすようにしよう

せどりで稼ぐためには安く仕入れて高く売ることが理想的ですが、成功させるためにはリピーターを確保しないと厳しいです。
リピーターを作るためには特商法をきちんと理解し、ニーズに応えるようにコミュニケーションをして商品を選ぶ必要があります。
せどりの利用者は1個だけでもなるべく安く購入したいと考え、安心して利用できると分かればリピートをする傾向が強いです。

しかし、届いた商品にトラブルがあったりすぐに対応をしてもらえなければすぐに信用を失うことになり、チャンスロスになることや悪い口コミや評判を流されることになります。
このため、せどりをする前に特商法をきちんと理解し、トラブルが起きてもすぐに対処できるようにすると信用を失うことがなくて効果的です。